fbpx

Kuubiik

普通の事務労働者の一日における平均の業務生産性は、最大3時間と言われています。

ポストを共有する

私たちは日々の業務において、どれだけ生産的でしょうか? もはや今の世界は、8時間という労働時間が地球のどこにも一律的に適用されているようです。 今の時代、多くの人々は情報集約型のビジネス分野で働いていますが、この「8時間労働」というルールは現代ではなく昔の産業革命の時代に作られたコンセプトがそのまま継承されたものとなります。

18世紀後半の工場は1日24時間/週7日稼働しなければならなかったため、労働者も毎日10〜16時間働くのが一般的でした。 しかしイギリスのウェールズの運動家であるロバート・オーエンは、そのような長い時間は苦痛すぎて持続不可能であろうことを知覚し、より短い労働時間を求めて社会と戦いました。 彼が主張した「8時間の労働、8時間のレクリエーション、8時間の休息」は、 1817年を代弁する有名なキャッチフレーズとなりました。

アメリカのフォードモーターカンパニーは、1914年に労働者の給与を3倍にアップするとともに1日の労働時間を12時間から8時間に減らすことで世界に衝撃を与えました。 しかしその結果は、 むしろアウトプットの更なる上昇に繋がりました。

労働者の生活を少し楽にする手段として、このような「8時間労働制」が導入され始めました。

しかし、今の時代において、その制度はまた新たな形へと変革を求めたれています。 ある調査によると、事務職として働く普通のナレッジワーカーは、8時間労働のうち2時間53分しか生産的に仕事をしていないことがわかりました。

この調査に基づくと、従業員は見た目ほど生産的でないかも知れませんし、また彼らは見た目ほど自分の仕事に満足していないかも知れません。

アメリカの労働統計局は、一般のアメリカ人が1日に「8.8時間」ほど仕事をしていると推定しています。 実際に2,000人のフルタイムのオフィスワーカーを対象にした調査では、ほとんどの応答者が仕事をする間に実際何もしていないと答えました。

普通の事務労働者の一日における平均の業務生産性は、最大3時間と言われています。

それに費やしている平均時間の例です。

  • 平均1時間5分の「オンラインニュース読書」
  • 平均44分の「ソーシャルネットワーキングサイト確認」
  • 平均40分の「仕事以外の問題について同僚とチャット」
  • 平均26分の「新しい仕事を探すためのリサーチ」
  • 平均23分の「スモールブレイク」
  • 平均18分の「友人や家族に電話かけ」
  • (対象には入っていませんが、コーヒーを飲む時間も相当かと? )
  • 平均14分の「インスタントチャットまたはテキストメッセージ」
  • 平均1時間半の「おやつタイム」
  • そして、平均7分の「職場での昼食の準備」。

この調査結果は、職場で過ごす8時間の中では、業務請負に直接つながらない、 ただ与えられた「8時間を埋めるために」行われていものが少なくなさそうに思われます。

調査は、1日3時間しか仕事をしていない場合でも、オフィスで8時間働いている人と同じ分の生産性を感じることができることを見せてくれます。

この結果をベースに現代の業務時間を決めなす場合、 短い業務時間でも労働者は仕事に十生産的になり、より集中できるようになる私たちの姿を想像できるのでないでしょうか。

このような調査結果に刺激を受けた多くの企業は、 すでに従業員1人あたりの1日あたりの時間を短縮したり、代替ソリューションを探し現場に導入を始めました。

Googleは、仕事の生産性を高めるためにすでにアウトソーシングを行っています。

89,000人以上の直接雇用となるGoogleのチームは、全ての課題に対し必ずしも答えを持っているわけではありません。 それがGoogleがアウトソーシングサービスを活用している理由の1つです。 ブルームバーグによると、 Googleの契約社員の数は、2018年に初めて直接社員のそれを上回りました

Googleは自社が臨時雇用者、サプライヤー、アウトソーシングサービスを活用する主な2つの理由をこう話しています。 まずは、社内に保有していない知識やアイデアを持つ人を引き寄せるため。 二つ目は、自社で雇用している正社員の生産性を高め、コストを下げ、仕事の急増とスタッフの育児休暇などによる空きを補充するためとのことです。

Googleのアウトソーシングパートナーは、このインターネット業界の巨人が、毎年高水準の収益性を維持することを可能にする重要なリソースでもあります。 かなりの割合のアウトソーシングリソースを活用しているGoogleの広告ビジネスサービスの「AdWords」チームは、 その活動で2017年に同社の売上高1,108億ドルの大部分を占めました。

Kuubiik is the perfect solution for a company like Google, where they could outsource all its needs to. Looking for a professional marketer who won’t slack at work, a web developer who won’t ask for sick leaves, an admin who won’t spend the day waiting for you to give them tasks. It’s all about efficiency and profitability.

費用効率性の高い

バーチャルエキスパートの活用は、時間と費用の節約にとても役立ちます。

Kuubiik Virtual Experts By The Hour - Blog

統計資料

バーチャルエキスパートの活用すると、ビジネスの効率性が75%も増加します。

CONTACT

お問い合わせ

バーチャルエキスパートが必要な場合また当社のサービスにご興味のある方は、以下よりお問い合わせくださいませ。